たわいない、いもさんの日常

tawaimo090.exblog.jp
ブログトップ

おばちゃん、青春を思い出す



先日、娘の体育祭を少しだけ見てに行った。

リレーでバトンパスに失敗し
泣いてうなだれる友達に駆け寄り、なぐさめる娘。
そのうち別の友達が何人も寄ってきて
肩を抱き「だいじょうぶや~気にするな~」と励ます、そんな光景を見て・・

おばちゃん、コッソリ、涙(笑)

ああ、青春だなあ・・すばらしい!
そしてふと、懐かしいことを思い出した。

私が中学生の頃
クラス対抗リレーの選抜メンバーに選ばれた
トップバッターの重責もあり、かなり緊張していた

いざスタート。
そしていきなりトップ独走!
「このままいける!トップでバトンが渡せる」と思った瞬間
なぜか足が急にもつれだした
早く走ろうと思っていても、足がなぜか動かない!

そのうち、どんどん後続に追い抜かされ
ビリでバトンを渡すハメになってしまった
結局それが尾を引き
わがクラスは最下位になってしまった

「わあ、どうしよう~
このままじゃみんなのところには帰れない。
このままじゃみんなに顔向けできない
もうしわけない・・」

そんなことを思いながら
気がつけば、校舎のすみっこで
一人半べそをかいていた私ww

30分くらいたったころ
「も~、ここにいたんや~」
と、友達が数人やってきた

私がなかなか戻ってこないので
ちょっとした騒ぎになっていたらしくww
あちこち探してくれていたらしい

「もうそんなこと、誰も気にしてへんよ~
 早く帰ろう~」と言われ
その言葉にほっとして、ありがたくて
また大泣きしたのを覚えている

青春の記憶は
いつになっても、いくつになっても
美しい・・・






[PR]
by timo090 | 2016-05-15 14:46 | 日常